読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日Learning

学んだことを共有します

自分しか知らない仕様を握っていることを誇らしげに語るのはかっこ悪い

日常の一コマでよくこんな会話がありますよね。

A君: いま俺いなくなったらこのややこしい仕様を知ってるの俺だけだし、闇に葬られちゃうわー。
B子ちゃん: えー!それマジやばーい。素敵ー!あなたがこのプロジェクトの鍵を握ってるのねー!
A君: だろう( ̄▽ ̄) かっこいーだろう?


…アホかと。

んなもん、分かってるならはよアウトプットしなはれ。

ホンマになんかあったとき、

上司C: あいつ!なんもアウトプットしとらん!無能!

って評価を落とされるのは自分で、なーんもかっこよーあらへん。

そりゃ、そーゆー指示してこない先輩、上司、PLが悪いんやろーって意見もあるやもしらん。

でも、べき論ならアウトプットすべき。

自ら進んで一刻もはやく。

そっちのほーがかっちょえー。

ややこしい仕様を握るなんて誰でもできます。むしろそっちのほーが簡単です。

ややこしい仕様を周りの人にすんなり理解してもらい、後世に残すべくスマートにアウトプットすることこそが、大事やし難しいし、真のかっこ良さやと思います。