読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日Learning

学んだことを共有します

旧バージョンのAndroid開発環境を構築する方法

Androidの開発環境(Android Developer Tool、Android SDKなど)を構築しようと思うと、 Developer Tools | Android Developers を見る限り最新のバージョンでしか構築できない。
旧バージョン、過去バージョンへのリンクが無いのだ。

だけど、Androidの開発ってその時のADTバージョンを使わないと、そのままのソースでビルドするとエラーになるっていう意味不明な事態にでくわす。

別にビルドエラーを解消してやれば、問題ないんだろうけど、当時のソースに手を加えるならまたテストしないといけないし、そんなんコストがかかる話なので、そのときのバージョンで開発環境を作る方法が無いか調べた。

以下の手順で実施すればできる。

旧バージョンのAndroid SDKダウンロード

  1. Android SDK | Android Developers にアクセスする。
  2. 「DOWNLOAD FOR OTHER PLATFORMS」 をクリックする。
  3. SDK Tools Only」 の表の中から環境に合わせたリンクを右クリックして「リンクアドレスをコピー」する。(Chromeの場合)
  4. コピーしたリンクのバージョン番号を落としたいバージョンの番号に変更してダウンロードする。
http://dl.google.com/android/android-sdk_r22.0.1-macosx.ziphttp://dl.google.com/android/android-sdk_r20.0.3-macosx.zip

旧バージョンのADTをダウンロード

開発環境はEclipseにプラグインを入れるパターンを想定しています。

  1. Installing the Eclipse Plugin | Android Developers にアクセスする。
  2. ちょっと下のほーに、「1. Download the ADT Plugin zip file (do not unpack it):」 的なことが書いてあるのでそれを見つける。
  3. 「ADT-22.0.1.zip」 的なリンクがあるので右クリックして「リンクアドレスをコピー」する。(Chromeの場合)
  4. コピーしたリンクのバージョン番号を落としたいバージョンの番号に変更してダウンロードする。
http://dl.google.com/android/ADT-22.0.1.ziphttp://dl.google.com/android/ADT-20.0.3.zip

環境構築する

あとは落としてきたモノを解凍して、通常構築するべき手順に従って環境を構築する。

もしかすると、その辺りの構築手順も変わるかもしれないが、ひとまず上の方法でGetしてインストーラーだけでも残しておかないと、本当に当時のビルド方法が失われかねないので注意が必要。

以上。