読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日Learning

学んだことを共有します

twitter developersの@Anywhereを試してみた

Tiwtter Anywhere Javascript

TwitterAPI関係を色々と調べていると、@Anywhereなる、Javascriptのプラグインがあったので、試しに使ってみた。

色々と参考にさせていただいたが、最終は、やはり公式ホームページ Welcome to @Anywhere | Twitter Developers を見ながらGetting Startedしてみた。

とはいえ、正直、英語の読み書きを苦手としているので、コードだけ見て実行して、手応えでふむふむって理解するいつものパターンでやった。

解説サイトを見ながら、以下のコードを書いてブラウザで表示してみた。

<!DOCTYPE HTML>
<html>
  <head>
    <meta http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=utf-8">
    <title>Anywhere Sample</title>
    <script src="http://platform.twitter.com/anywhere.js?id=key&v=1" type="text/javascript"></script>
  </head>
  <body>

  <script type="text/javascript">

    twttr.anywhere(function (T) {
      T.hovercards();
      T.linkifyUsers();
    });

  </script>

  ...

  <span id="follow-placeholder"></span>
  <script type="text/javascript">

    twttr.anywhere(function (T) {
      T("#follow-placeholder").followButton('yoshiyoshifujii');
    });

  </script>

  <div id="linkify-this-content">
    <p>@anywhere was made possible by @ded, @dsa, @todd, @danwrong, @noradio, and
  the rest of the @twitter team.</p>
  </div>
  <script type="text/javascript">

    twttr.anywhere(function (T) {
      T("#linkify-this-content").linkifyUsers({ className: 'my-tweep' });
    });

  </script>

  <div id="tbox"></div>
  <script type="text/javascript">

    twttr.anywhere(function (T) {
      T("#tbox").tweetBox();
    });

  </script>

  <span id="login"></span>
  <script type="text/javascript">

    twttr.anywhere(function (T) {
        T("#login").connectButton({size: "large"});
    });

  </script>

  </body>
</html>

で、ブラウザで表示してみたら、こんな感じで表示されて。

followとか書いてあるボタンをクリックしたら、こんな画面が勝手に出てきて、

@で始まるテキストを探し出してリンクにして、マウスオーバーしたらなんか表示してくれて、

TwitterのWebページにあるようなテキストボックスとカウンターを、表示してくれた。

なにこれ。ほとんどコーディングしてねーのに多機能。うは。すげ。

以上。